南輝教室長のブログ

2018/07/04 岡山市の学習塾 御南『キッズ・ランゲッジ junior』

御南校にて、『キッズ・ランゲッジ junior』を行ないました。

今回から夏休みまでの間は、アルファベットのテストを大文字小文字混合にしていきます。
今日は早速「両方チェックするからね~」と伝え、練習も指で空に書くのではなく、紙に書いた跡が残るようにしました。
特に3年生は「この字はこの場所に書くんだったよな」と、細部へのこだわりが見え隠れしています。
テストは、やはり小文字に集中したら大文字で忘れてしまってるものが…という感じだったので、しばらく続けて様子を見ますね。

後半は楽しみにしているカルタ取りを。今回も大文字小文字ごちゃ混ぜにしたところ、MとW、bとq、ZとNなど、
似た形の文字を見比べて「これがこっちに向いたら別の字かー!」などの発見も。
楽しそうに取り組みながらもこういった気づきがあるのは嬉しいものです。

また、5時台最後の10分で、ぐんぐんノートの成績発表を石川先生が行います。
私はどちらの教室の結果発表の様子も見ることになるので、面白い違いがあるなぁと思いながら見ています。
共通しているのが、低学年の子の方が対抗意識が高く、それが大きなモチベーションになっていることです。
高学年になってくるほど「マイペース」になってきます。
このマイペースがハイペースならポイントが高く、かつ成績にも反映されること。当然、この逆も。
当講座の参加学年はこういう意識を育てるのにいいタイミングだと思います。
色々な仕掛けをしながら、頑張る土台を作ってあげたいと思います。

☆オマケ☆
今週から、6時からの授業にも新メンバーが加入しました。その授業の様子をどうぞ。

(文責:植田)