ぐんぐんノート / 成績発表

2018/07/07 岡山市の学習塾 ぐんぐんノート / 成績発表

2018年7月7日 更新

ぐんぐんノート 成績発表です

ぐんぐんノートへの取り組みが、習慣化している子としていない子の差は、明らかに意識の中にある強さの差です。言い換えれば、“マイ・ブームの度合い”です。
「どうせ、順位が低い(ポイントが少ない)からいいや」という意識と、「あの子には、負けられない」という意識とでは、大きな差が生じます。
順位が上の方の子には、後者の意識が多いようですが、そうではない場合、前者となってしまいがちです。
全員が、上の順位になるのは不可能なので、全員にあてはめることはできませんが、要は、“旬な時期を逃してしまわない”ようにすることが大事で、勉強のコツ・クセを正しく身につけることさえできれば良いと思います。
勉強のコツ・クセ・・・これは、学業に励んでいく上でとても大切な要素で、できれば幼少期に身につけておくと、大きくなればなるほど有効となってきます。
「たかが自主学習」と言わず、学業の土台を築く行為であることを、改めて伝えておきたいと思います。

中学生は『Gノート』と呼んでいるノートや、『Gノートpocket』と呼んでいる反復用カードに、繰り返し復習することを書き込み、何度も反復することで忘れないようにする取り組みを行なっています。小学生のうちに、ノート作りに慣れておくのは、中学に入ってから、とても有効な武器となります。今のうちにしっかりノートを作り、勉強の土台となる知識をつける習慣をつけていきましょう。

なかなか、ヤル気の起きない人は、例えば漢字ひとつ覚えるのでも、イヤイヤ何度も同じ字を書くのではなく、意味の似た漢字を探してみるとか、同じ部首の漢字をひとつ書き足すなど、くふう次第で変わってきます。 「でも、そんな方法を思いつかない」っていう人は、他の人がどんなことをやってるか、見てみませんか?
作品紹介のページの中から ヒントをさがしてみよう!