ある男の子のサプライズ

昔々(むかしむかし)・・・といっても、40(ねん)少々前(しょうしょうまえ)、ある(ところ)に、一人(ひとり)(おとこ)()()んでいたそうな。
その()は、勉強(べんきょう)大嫌(だいきら)いで、それまで学校(がっこう)成績(せいせき)は、マラソンの1・2、1・2を()(かえ)していたそうな。

しかし、ある()(さかい)に、その()変身(へんしん)したそうな。

小学校(しょうがっこう)年生(ねんせい)になり、(あたら)しいクラスになり、(おんな)先生(せんせい)担任(たんにん)になったそうな。
その先生(せんせい)は、宿題(しゅくだい)一切(いっさい)()さない方針(ほうしん)で、その()は「ラッキー!」と(おも)ったそうな。

先生(せんせい)
先生(せんせい)は、宿題(しゅくだい)()しません。でも、1つだけルールを()めます。(なん)でもいいから、()きなことをノートに()いてきなさい。自主学習(じしゅがくしゅう)といって、ポイントをつけグラフにして、()()します。」
生徒(せいと) 「えー!(なん)でもいいん?」
先生(せんせい)(なん)でもいいよ。」

こうして、『自主学習(じしゅがくしゅう)バトル』が勃発(ぼっぱつ)したそうな。

しかし、その(おとこ)()は、それまでろくに勉強(べんきょう)などしたことがなかったので、(なん)でもいいと()われても、(こま)ってしまったそうな。

(おとこ)()(なん)でもいいと()われても・・・。」
(はは)本当(ほんとう)に、(なん)でもいいの?」
(おとこ)()「らしいよ。」
(はは)「じゃあ、家族(かぞく)名前(なまえ)でも()いて()っていったら?」
(おとこ)()「え?そんなんダメじゃろ。」

そんな会話(かいわ)(あと)(ほか)には(おも)いつかなかったので、そうしてみることにしたそうな。

(つぎ)()(おとこ)()は、半信半疑(はんしんはんぎ)でノートを学校(がっこう)()っていったそうな。

(おとこ)()「((おそ)(おそ)る)先生(せんせい)、こんなんでもええん?」
先生(せんせい)「お!おもしろいこと、やってきたねぇ!いいよ、いいよ!」
(おとこ)()「・・・。」

先生(せんせい)は、(あず)かったノートをみんなに(かえ)しながら、
今日(きょう)ノートを()してくれた()は、たったの6(にん)先生(せんせい)(かな)しかったなぁ・・・。もっとやって()てくれると(おも)っとったのに・・・。」
すると、みんなは、
「だって、(いそが)しかったんじゃもん。そろばんあったし・・・。」などと、()(わけ)(あらし)…。
そこで先生(せんせい)は、
「このノート()てごらん。家族(かぞく)名前(なまえ)()いて()()がいてね、とってもいいノートだよ。」
すると、みんなは、
「えー!?そんなんでもええん?」と。

(おとこ)()は、はずかしくてモジモジしていたら、先生(せんせい)
「こういうのも勉強(べんきょう)算数(さんすう)国語(こくご)だけが勉強(べんきょう)じゃないんだよ。」と。自主学習ノート
(おとこ)()は、「勉強(べんきょう)って、なにも算数(さんすう)国語(こくご)だけじゃないんだ。(なん)でもいいんだ」と(おも)い、よし、やってみよ!と(おも)ったそうな。
それからというもの、(おとこ)()は、(いえ)にある(もの)()(もの)名前(なまえ)(かた)(ぱし)からノートに()いてみたり、あるいは、国語辞典(こくごじてん)を1ページ()から丸写(まるうつ)ししてみたり、(とも)だちの()きな()(もの)()いてまとめてみたり、また、外来語(がいらいご)(おも)いつくまま()()してみたり・・・、いろんなノートを(つく)っていったそうな。

そうこうしているうちに、グラフはダントツでクラス1()に!
勉強(べんきょう)って、こんなんでもいいんか。おもしろいなぁ」と、ノートは10(さつ)、20(さつ)・・・となっていったそうな。
でも、だんだんと「こんなんじゃなくて、たまには算数(さんすう)(すこ)しはやってみようかな?」とか(おも)うようになり、大嫌(だいきら)いだった算数(さんすう)国語(こくご)にも、()()ばしていったそうな。

そして、夏休(なつやす)(まえ)にもらった通知表(つうちひょう)で、サプライズが!
それまでマラソンだった成績(せいせき)が、まるで別人(べつじん)一番(いちばん)(わる)教科(きょうか)でも「ふつう」の判定(はんてい)が!

そのまま、(おとこ)()のヤル()は、なえることなく(つづ)き、中学生(ちゅうがくせい)になる(まえ)小学校(しょうがっこう)最後(さいご)成績(せいせき)は、なんと「オール()い」になったそうな。

その(いきお)いのまま、中学校(ちゅうがっこう)(はい)った(おとこ)()は、当時(とうじ)中四国地方(ちゅうしこくちほう)で1(ばん)生徒数(せいとすう)(おお)かった学校(がっこう)で、学年(がくねん)()にまで(のぼ)りつめたそうな。

その()が、(おお)きくなり(おも)ったのは、算数(さんすう)国語(こくご)をイヤイヤ勉強(べんきょう)するより、「今日(きょう)(なに)をしようかな?」と創造力(そうぞうりょく)をきたえる(ほう)が、よっぽどタメになったということだそうな。
そして、きっかけを(あた)えて(くだ)さった先生(せんせい)感謝(かんしゃ)すると同時(どうじ)に、素直(すなお)実行(じっこう)した自分(じぶん)()めたいそうな。

そして(主体的(しゅたいてき)頑張(がんば)ることの大切(たいせつ)さ・素晴(すば)らしさを、1人(ひとり)でも(おお)くの子供(こども)(おし)えてあげたくて、2000(ねん)の12(がつ)に、「学習工房(がくしゅうこうぼう)」というちっぽけな(じゅく)(つく)ったとさ。

-おしまい-