「勉強って、問題を解くこと」と思い込んでいる子へ

入塾したての子供の学習への取り組みを見ておりますと、勉強とは問題を解くものだと
思っている子が多く、どこでそのようなことを刷り込まれたのか気になります。
INPUTとOUTPUTのバランスが取れて、初めて成果が出ます。
それなのに、問題を解く(=OUTPUT)ばかりしたがる子。
言うまでもなく、そのような学習は、土台が築けないので伸びません。

そんな考え方ではなく、しっかりINPUTし土台を築き、揺るがない“底力”を
付けた上で、OUTPUTしていく方法が有効となります。
しかし、「INPUT=教師による知識詰め込み」と考え、効率的に(?)知識伝達の
授業を行っている塾が多いのが実状です。

余力のある子は、それが手っ取り早く合理的でいいのかも知れません。
しかし、それは一時的な成績アップにしか過ぎず、恒常的な伸びにはつながりません。

また、学業が不振気味の子に、それをやってしまうと、「強制されないと
(最悪おどされないと)しない・自分から動かない」受け身の学習姿勢となり、
一歩間違えると、与えられないとしない、与えられるまではしようとしない子に
なってしまう危険性も・・・。

そんなことがあっては絶対にいけません。
初めは、浅い理解でも構いません。
その後、何度も戻って来る機会があります。
戻る毎に、理解は深まって行きます。
同時に整理もされて行きます。

問題を解くのは、その後で十分。
いえ、その後の方が効果的です。
応用力をつける目的で、問題演習に走る子がいますが、問題を解くだけでは
応用力はつかないと考えています。
本当の応用力は、INPUTの段階で、事項同士のつながり・関連性など
仲間分けすることで、脳内のシナプス構造を理にかなった使い方をし
つくものだと考えています。

問題を解くのは、応用力をつけるというよりも、実戦力を養うためだと思います。
ここをしっかり押さえないと、労多くして実りなしといった結果になって
しまいます。