キッズ・ランゲッジ 南輝

『キッズ・ランゲッジ』を行って

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
今日から、新しいお友だちを迎えての授業となったので、一人ひとり
自己紹介を行ってスタートしました。

後半の英語の授業で、今日も中1の教科書を使いながら、発音指導を
行ったのですが、先週よりも更に読めるようになっているのを感じま
した。
こういうのは、段階を踏んで徐々にというより、加速度的に習熟して
いくのでしょう。
意外な子が読める読める!(意外と思っているこちらが、誤った見方を
していたのかも知れませんが…)

この仕事を始めて久しいですが、英語学習が、このような経過をたどっ
ている小学生を経験したことがありません。
思い帰してみると、私自身、小6のとき、ビートルズのLet It Be と
いう曲を、意味もわからず「レリッビー、レリッビー」と全文を歌い
ながら意味を想像していたのを思い出します。
曲調・語呂から、「たぶん、こんな感じの意味だろうなぁ」と思って
いたのが、見事に当たったものです(当時の自主勉ノートに書きまし
た)。
語学は、まずは読めることからという自論の下、子供たちを導いて
おります。

中学校入学に向けて、習熟度を見守っていくのが楽しみな毎日です。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください