キッズ・ランゲッジ 南輝

『キッズ・ランゲッジ』を行って

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。

先日、『ことわざ』が100終了し、復習を行って
きましたが、次週からは、『聞く力』・『語彙』・
『文法』など、子供たちの聴覚を鍛える指導を中心に
学校生活を機能させるべく国語指導に切り替えていきます。

ここ数年、感じてきたことですが、子供たちの生活・
学習環境のめまぐるしい変化の中、学校の授業方法が、
さほど変わらないことで起こる、子供たちの授業を
受ける際の“知識吸収レベル”が劣ってきていることです。

具体的にいえば、ビジュアルに頼り過ぎ、耳から聞きとる
力が低下しているということです。
学校の授業は、今でも変わらず話し言葉中心の授業。
子供たちの日常は、視覚に頼る連続。
聞き取る力を養わないといけないと強く感じます。

大げさに感じるかも知れませんが、私は大いに危惧する
ところです。

当講座には、来年中学に上がる子もいる中、聞き取る力を
重要視し授業を進めていきたいと考えています。
ご理解のほど、よろしくお願いします。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください