キッズ・ランゲッジ 南輝

『キッズ・ランゲッジ』を行って

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
残念ながら1名欠席での授業となりました。

前回まで行った『ことわざ』の授業。
「役に立ったことは何ですか?
 ことわざを100習ったこと?
 いや、そうじゃないよね。
 覚えるコツを習ったことだよね。
 ことわざを覚えるのが目的じゃなくて、意味を知ることが大事。
 意味を覚えるのに丸暗記はダメ。
 言葉一つひとつの意味を理解すること。
 そうすれば、忘れにくい。
 テストが終わっても、覚えている。
 そういう覚え方をマスターするのが目的だったよね?」
と確かめると、みんな実感があったようで深くうなずいていました。
今後の学習活動で、必ず活かしてくれることと信じています。

今日から実践の国語は、『聴き取る力』を強化することが目当てです。
学校の授業は、昔から変わらず、先生による話し言葉中心の一斉説明形式。
しかし、子供たちの遊びは、時代の流れでテレビゲームに代表されるように、
見て情報を得る視覚中心のもの。
自然と、聴き入ることが日常希少な環境で学校の授業で聴き逃すことが
多いのが事実。
私語はしなくても、ボーっとしていたりして聴き逃していることが
多いようです。

ここに着眼し、聴く力・習慣をつけるべく新しい国語指導に入りました。
当塾では、学校の授業の復習を採り入れていますが、しっかり聴いてくる
ことが前提です。
当講座で、その習慣を付けるべく進めていきます。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください