キッズ・ランゲッジ 南輝

『キッズ・ランゲッジ』を行って

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
夏休みのみ、時間の都合がつくということで、新たに塾生の子を迎えて
授業を行いました。

『ぐんぐん(G)ノート』の作品紹介で、英語の発音について話しました。
英語には、“アルファベット読み”と“フォニックス読み”とがあり、
みんながよく知っているアルファベット読みでは、なかなか英語を
読めないことを説明しました。
語学は、最初は読むことから。
読めないと始まりません。

dog を「ディー・オー・ジー」と読んでいる間は、読めるように
なりません。
d を「ドゥ」、o を「オ」、g を「グ」と読み、
「ドォオグ」と読み、何度も発音するうちに「ドォッグ」という
発音に至るのが正しい流れで、
そのためにもフォニックス読みは必須だと話しました。

当キッズ・ランゲッジでは、先でフォニックスを習う時間を
予定しております。

中学生になった時に、初めて見る単語でも、簡単に読める
力をつけておくように、しっかり導いていきますね。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください