キッズ・ランゲッジ 南輝

『キッズ・ランゲッジ』を行って

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。

昨日のお楽しみイベントに参加した子を中心に、話が盛り上がりました。
参加できなかった子のために、植田先生のブログを紹介しておくのでご覧
下さいね。
お楽しみイベント

さて今日は、英語の授業内容についてふれます。
以前からずっと、授業時間の最後に、『Writing』と称して英語(ローマ字)を
書く時間をとっています。
プリントが、1から順番に連番になっており、子供たちは誰が早く進んでいるか
わかるようにしてあります。
それに加えて、私の方から
「〇〇くんは、いい調子!」
「〇〇ちゃんは、この調子でいくと、中学生になる頃には、英語が絶対得意に
 なっているよ」
「〇〇くんは、もうちょっと頑張らんといかん」
「〇〇ちゃんは、家でちょっとやってきた方がいいなぁ」・・・など、随時様子を
見て、みんなの前で声かけしています。
それによって、ヤル気の空気が充満します。とても良い空気です。

自分が、今全体のどのあたりを進んでいるのか、早いのか遅いのか、この調子で
いくと将来どうなるのか、周りを気にしながら取り組むのは、とても良い環境の
ように感じます。
オンラインで、ゲームをやる感覚に似ているのかも知れません。オンラインゲー
ムにはまる子が多いのも事実です…。

周りと競わせ先を見せながら頑張らせることは、我々にできるヤル気喚起の環境
作りのひとつだと思っています。
これからも、ヤル気喚起・維持のため、趣向を凝らしていきたいと思います。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください