未分類

あきらめない気持ち

投稿日:

中間テストの勉強を通して、
努力をあきらめない気持ちが大切だと伝えてきた。

努力していても、途中で「もうダメかも。」と思ってしまって、そこであきらめたら、
「それまでの努力が水の泡になる。」
と、ずっと言い続けた。

今回の中間テストの勉強は、
常に真剣勝負という雰囲気の中でできた。
そのぶん、生徒達のテストの点数へのこだわりも大きい。

文字のミスや、書き忘れのミスに、
ものすごいショックを受けている。
これは、次に向けては良いチャンスにできる。
というのも、
自分で気付いて「これではイヤだ。」と思わない限り、
他からの声では直らない。
自分で痛みを知ることが、直すチャンス。

テストが返ってきた生徒ひとりひとりと、
このテストで感じたことを話している。
でも、一番たくさんかけている言葉は、
「頑張って良かったな。」である。
それぞれに反省点はあるけれど、
「努力する」とはどういうことかが、
伝わっているように思う。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください