南輝教室長のブログ

ある意味、戦争です。

とうとう迎えましたX-DAY=課題テスト前の直前チェックテスト。

毎回テスト前には生徒と先生の攻防が繰り広げられますが、
今回も例に漏れず。
夏休み最終日とあって、何かと気ぜわしい一日でした。

1コマ早くスタートし、集まった中学生たちに、目を丸くする小学生。
「な、なんで!?中学生ってこんな早く来るん?」
「今日はね、明後日のテストの勉強があるからよ~」
「へぇ~!中学生ってすごいなー」

こんな会話をしつつも、彼らも普段より年上の先輩たちの取り組みを見て
神妙な様子…普段はイノシシのように突進してくる子も大人しくなってました。あらあら。

さて、どう戦争だったかというと…
生徒たちが受けた英数のテストを、講師の先生も一丸となって、即採点&返却。
だって、後日返却にしていたら学校のテストが終わっちゃう。
合格するまで帰れまテン!…ではなく、帰れません!なんちゃって。
どうにか合格したいと頑張る子達、テスト返却されてから再テストまで、
ノートにペンが走る走る。採点の先生の赤ペンも走る走る。

「なぁ~、あと2点足りないだけだし、許してよ~」と弱音を吐く子が出ても、
「あと2点なら次で合格できる!これだけ練習して自信つけたらラスト1回テストしよう」
と、…何人と会話したかなぁ…。

普段はのらりくらりやってしまう子も、周りの勢いにのまれます。
そうやって、テスト前の一大イベントが、まず1日分…半分終わりました。

さて明日はどうなることやら…明日はすんなり合格して帰れる子が増えますように。
そして、「夏休み大変だったけど、やってよかったー!」と思える子がたくさん出ますように。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください