未分類

それぞれの得意な分野を伸ばす

子供達それぞれに、
得意な分野と苦手な分野がある。

得意な分野に取り組む時の、
集中力と生き生きとした表情。
その反面、
苦手な分野に取り組む時の、
渋い表情。

「算数は苦手だけど、読書は大好き。」
「読書は苦手だけど、算数は任せて。」
「理科が大好き。」

苦手な分野もあるけど、
それぞれみんなに好きな分野がある。

大人になると、
みんなでできる部分を分け合って、
また、得意なことを出し合って、
適材適所で仕事をする。

子供の時は、
まだまだ可能性を見つける為に、
苦手なことにも努力が必要。
でも、
得意な分野はさらに伸ばしていくように、
子供達それぞれが活躍できる分野は、
大切に育てて行きたいと思う。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください