未分類

コツコツと学習できることは力のひとつ

投稿日:

コツコツと集中して学習ができること

これは学習する力の源となる。
コツコツと何時間でも集中して学習できる生徒が、
以前も今も何人かいる。
すごい力だと思う。
よく「コツコツと学習できる子は、いつか必ず伸びる」と言われるが、
その通りだと思う。
丁寧に丁寧に理解して進める。

今日、ある生徒と、次のような話をした。
「勉強はマラソンと似ている。
短距離走のように、瞬発力を発揮しても、力尽きるのがはやいと、忘れてしまう勉強と同じ。
定期テスト前に必死にやったら上がるけど、忘れてしまう勉強は、本当の勉強と言えるかな。
本当に1位を取りたいなら、コツコツと丁寧に、集中して学習ができるようになること。
まずは、それを考えてごらんよ。」

ある程度の学力があって、あと1歩必要なものは……
ということを考えてのアドバイス。
実際、取り組む姿を見ていると、
計算は極力書かない(手がさぼる)、
早く仕上げて「やることが終わった。」と言う、
詰めが甘く「ちょっとしたミス」で片付ける。
このような場面がある。

取り組む内容よりも、まずは取り組み方の改善を提案した。
今日は私の方からの話。
その話をもとに、生徒が考えたことを聞く時間も予定した。
せっかく持っている生徒の力を最大限に生かすこと。
勉強内容も大切だけど、
「いかにその生徒が頑張れるか」
を、毎日授業の中で思い遣っている。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください