南輝教室長のブログ

センター試験目前

センター試験が間近に迫ってきました。
今も、大学受験生は対策の大詰めとなっています。
自分が成功する、いいイメージをもって試験に臨んでほしいですね。

センター試験に関して、私が(学生・先生として)経験したことや
見聞きしたこと、この時期になるとやっぱり思い出しますね。

まず、何も世間を知らなかった現役時代…。
苦手は後回し、な性格が祟って、遅れに遅れた日本史の勉強。
日本史の教科書とともに聞いた除夜の鐘、そして居間で楽しそうな
「あけましておめでとう~」という家族の声…。
おそらくこれまでの3●年でトップクラスの切ない年越しでした(笑)
そのとき、家族よりも先に私の「あけましておめでとう」を
聞いたであろう、犬養毅(ちょうど教科書に載ってた)…
おかげさまで、縁あって進学先を岡山に決めることができました(^^;)

また、先生になってからはこんな話も。
センター試験1週間前になって「自分、センター受けられんかも…
試験料払ってないかもしれん…」「えぇー!?なんだって!!」
という話が勃発したこともあります。
これには焦った…。結局、受験料はちゃんと(お母さんが)払ってあって、
受験票も手元にあったから、勘違ですんだのですが、いや本当焦った。
この話、本人の名誉のためにも、いつの誰の話だったかは伏せておきますネ…。

他にも、「試験に勝つ!」と前日にトンカツを食べたら、緊張で消化不良を
起こして、当日腹痛のまま受験したなんて話も、よく聞く話です。

緊張するからこそ、時にとんでもないことが起こりうる一大行事です。
いつもと同じパフォーマンスを発揮できるよう、準備をしたら、
あとはできるだけいつもと同じように過ごして、平常心を忘れずに、
です。
高校受験も同じですね。

受験生たちの、これまでの努力は近くでずっと見てきました。
時にはへこんで、時にはサボって、叱られて…そんな時もありました。
勢いづいていたときももちろんあります。
これまでどう思って取り組んできたかを全て試験にぶつけて、
終わったら「あースッキリした!」と笑顔で帰って来れることを
当日はただただ祈るばかりです。
さあ、これまでの集大成を見せてやろうじゃないの!
合格エンピツ
(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください