未分類

テスト後に思うこと

ちょうどテストとテストの間の期間である今、

塾に来る時間が短くなっている子が増えています。

決して、

『時間が多いから、勉強ができるようになる。』

などとは考えていません。

しかし私は、

『最低限の時間』は必要であると感じます。

そして、その『最低限の時間』を

テスト前に集中させる子が多いように感じます。


==
===
====
= ======
=======================

↑↑↑

グラフにするとこんな感じに・・・(^^;
そしてテスト前にヒイヒイ言いながら深夜まで勉強・・・


===
=======================
=======================

こんな感じならいい・・・↑↑↑

日ごろから少しずつ増やしていけば楽なのにな~
と思う今日この頃でした。以上、小言終わり!笑

さて、本題はこれらグラフに当てはまっている子達ではありません。
『最低限の時間』に満たないままテストを受けに行く子達です。

いかに効率よく勉強しようとも、

最低でもこれぐらいはかかる、という時間があります。
仮にこれがスポーツならば、

『一度みただけで同じ動きができる』という類まれなる天才が

いるかもしれません(まあほぼいませんが^^;)。

しかし、テスト勉強には、

最低でも(一度聞いたらすべて覚えるようなレベルの子でも)

提出物をやる時間や、一通り応用してみる時間が必要です。

このように理解が格段に早い子でも、最低限これらの時間が必要なのに、

理解するのに人並みに時間のかかる子ならば、

テスト前日に提出物が終わっていない

と言う状況は準備不足だと言わざるをえません。

この投稿をみた方が「はっ」として、

今からでも計画的に勉強に取り組めたなら幸いです。

 

(文責:石川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください