南輝教室長のブログ

ルール遵守

投稿日:

ここ2日連続で、同じ内容の黙想を続けました。

「休み時間の使い方を間違えないこと」

チャイムが鳴って、まわりの子が黙想の姿勢で待ち構えているところに
あわててスマホを片付けて、それから自分の席を立ってプリントを
取りに行くという行動を繰り返した子がいました。

チャイムが鳴り終わったら「そこから動かないこと!」
そして黙想で「どうしてこういうことを言われるのか…」

1回2回では頭にも身体にも定着しなくて、周りからの白い目が。
3回目で「あっ!」「へぇ~できるんじゃん」
4回目は、友達から「なぁなぁ準備したん?」
5回目で、どやっという顔で準備万端に。

まだまだ定着というには弱い状態ですが、どうしてかという理由を
頭で考えて動いたり、まわりの子に迷惑をかけてはいけないと考えるには
精神的に幼い子のため、まずは習慣で身体に染み付かせる必要がありそうです。

何事も同じことが言えて、「何でできないの」「何が悪いかわかる?」と
頭で考えることが有効な精神年齢に至れば考えさせようと思いますが
そこまでの精神年齢に到達していない場合、身体に習慣付けさせることが
有効だったりします。
今回はそのケースに当てはまったかな。
今後も様子を見つつ、みんなが同じ状態で授業開始を迎えられるように
ルールを徹底していきます。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください