未分類

レベルアップ

投稿日:

期末テストの結果が少しずつ返ってきている。

苦手としていた教科の得点が、
テストの回を重ねるたびに上がった生徒が、
「自分の普通のレベルを上に設定するようになった」
印象を受けた。

よくあるのは、
98点のテストに対して、
ほめるべきか、励ますべきか、
というタイミングである。
いつも100点を目標にしている生徒にとっては、
この点数では満足していないので励ます。
いつも90点が目標の生徒にとっては、
すごくほめるべき点数で、生徒にとっても満足な点数である。

さて、今日の話に戻ると、
「テスト結果、どうだった。」
と聞くと、
「うーん、もう少し頑張らないと。」
という返事。
今までよりもぐんと点数はアップしているのに、
感想は、「いまいち」という返事。

自分の普通のレベルを上に設定している

まさに、この瞬間がきた。
その子にとって、レベルアップした証。

より自分を高めていけるように、
今後もみんな同じように応援し続ける。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください