塾長のブログ

ロジカル・コミュニケーション

私「昼間にする挨拶は?」
子「こんばんは。」
私「???…なんだって…?」
このようなやりとりで、始まった『ロジカル・コミュニケーション』の講座。

場面変わって・・・
私「自己紹介、ちゃんとできるかな?」
子「できるよ。〇〇(名字)、〇〇才、〇〇小学校の〇年。」
私「ねぇ、国語って習って何年になる?」
子「〇年。」
私「そんな話し方で、いいと思う?」
子「・・・。」
私「どうして、そんなに長く習ってるのに、そういう言い方しかできないんだろうね。」

第二外国語をも使いこなす国の多くは、母国語を日本のように“鑑賞する”学問としてではなく、“技術”を磨く学問として国語の指導を行っています。
日本の国語教育を批判する気はありませんが、これから近い将来やってくるコミュニケーション重視の入試制度に対応するには、鑑賞中心の学問だけでは、太刀打ちできないことが予想されます。

そこで、当塾でも国語技術を教える講座の必要性を感じ、同講座を開設するに至りました。
説明する技術、読み取る技術、伝える・描写・報告・認知する技術など、論理的に表現する話法・書き方を指導して参ります。
学校授業では、今のところ対応している話は聞かないので、将来を危惧される方は、参加を考えられてみてはいかがでしょうか?

現在、同講座の曜日・時間を調整中です。ご不明な点は、何なりとおたずね下さい。086ー264ー1444

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください