南輝教室長のブログ

中間テスト1週間前にやるべきこと

一部の高校など、早いところではもう終わりましたが
ほとんどの学校がこれから中間テストのピークを迎えます。

テスト1週間前には必ずもらえる「範囲表」。
これをもらった人は必ずやるべき、めちゃくちゃ大事なことがあります。

範囲表をもらったらまず、習っていようがいるまいが、
「どんな内容のところだったか」を確認する。
ページ数じゃないですよ!
たとえば、「命令形」だとか、「一次関数の利用」だとか。
内容で把握することが大事。
ついでに、範囲のプリントやワーク(提出済みのものでOK)で
どんな問題を解いてきたかも確認。

よくいるのは、テスト範囲の最後のページに付箋を貼っている子。
ダメじゃないんですよ。いいんです。いいのはいいんですが…
「今回のテストはどんな内容かなあ?」と聞いて
無邪気に「○ページから△ページ!」と教えてくれても、
こっちもどんな内容かがわかりませんって!ね?

内容の大雑把な把握ができたら、そこから作戦立て。
時間のかかりそうなもの、自信のあるものないもの、
提出課題…どれだけやることが“残っているか”を列記して
それからテスト期間の勉強予定を立てます。
苦手なもの、時間のかかるものと、得意なものをバランスよく
自分が一番能率のあがる順番や割り振りで決めていく。
能率が上がるというか、テンションが上がるというか…
イヤイヤするばっかりではなく、できそうな計画を立てる。

後は、計画倒れにならないように、誰かと一緒に実行する。
自分にはつい甘くなってしまうから、友達、親、先生など
色んな人とタッグを組むのが結構有効です。
誰と、どういう方法で、というのを間違えなければ、
大抵のケースはうまくいきます。

今まで、テスト勉強についてうまくいかなかった人は、
今回のこのタイミングで是非、計画の立て方実行の仕方を
学ぶのもありですよ。

…おまけを言うと。
こんなに悠長なことを言っていられるのも、今の学年では
今回がラストチャンスだと思ってください。
次の期末テストでは、数学だと『証明』
英語だと『比較級』や『助動詞』など、
各学年のヤマとなる内容が入ってきます。
学年末テストでは1年間分と範囲が広くなります。
こうなってくると、テスト勉強に割り振るエネルギーを
勉強内容そのものに向けていかなくてはなりません。

作戦だ何だと楽しくやるコツを身につけるのは、今回を逃したら
次は来年度の1学期中間テスト…!?

ぜひ!今回でモノにしたいところです。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください