南輝教室長のブログ

中3グループ指導を行いました

中3生にグループ指導を行いました。
この2学期に取り組む『勉強ワールドカップ』の説明の追加、
それから英語教科書の音読確認を。

『勉強ワールドカップ』は、
テスト前には勉強熱が盛り上がるのに、普段はサッパリ…
という子も、小テストで誰かと対戦するという
仕掛けを使い、テストまでに5回は勉強熱を盛り上げよう
…という目論見。

もともと、コツコツできる子は少々のヘコみには
対処できるという持論を持っているので、
毎日とまでは言わなくても、週に一度は
「よっしゃ、頑張ろう!」と思うきっかけを作りたいと
思ってのことです。
もちろん、こまめにチェックすることで、テスト前に
「あれもできない、これもわからない」と発覚するのを
防ぎたいという思いも多分に含まれています。

今日早速テストを受ける子がいるので、「頑張ろう!」と
応援しつつテスト作成。
次回に向けて、勉強の記録をつけてみようかという話も
しています。
「うわ、昨日やったことなのにもう思い出せん!」と
現実に打ちひしがれる子もいましたが…一旦習慣づけてしまえば
楽勝になってきますよ(^^)

また、英語の音読指導は、ネイティブの発音と教科書本文を
対応させて、聞き取れるまで何度もリピートし、
自分も読めると思ったら「イチ抜けた!」方式をとりました。
今回、他の学年に先駆けて取り組ませましたが、
英語の苦手だった子が、5分ほど繰り返し聞いているうちに
「もう読める」と、これまでにない早さで、ほぼカタカナなしの
音読ができるように。

このどちらをとっても、いくら反抗期真っ只中の年齢といえど
純粋に競うことが好きなのかな、という印象を受けます。
こちらも考えるのが楽しいし、非常に微笑ましいですね。

まだまだ運動会に合唱コンクールにと忙しくしていますが、
そろそろエンジンを温めていつでもダッシュできるように
しておきたいところです。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください