南輝教室長のブログ

中3 発進の時

もう半月もすれば、1学期の期末テストがあります。
中3受験生は、「受験勉強を頑張るとしたら、夏休みかな」
と考えている人も多いのではないでしょうか。
おそらく、その考えで間違いはありません。

「おそらく」がついたのは、7月20日頃から環境を変えるのでは、
もったいない夏休みになってしまうからです。

勉強は、皆一斉にスタートするのではありません。たとえるなら、
F1(あまり詳しくないのですが)のように、
それぞれがエンジンを温めながら走行している中で、
スタートのシグナルが鳴る、“ランニング・スタート”のようなものだと思っています。

では、エンジンを温めるとは何か。

これは勉強していることではありません。
意識や、勉強するための環境を整えるという「アップ」を含んでいます。
これまで勉強部屋がぐちゃぐちゃだった人は、その部屋を本当に使うのか、別の環境で取り組むようにするのか、
これから誰かに習おうとするのなら、夏休みスタート時に、スムーズに勉強に入れるように、慣れ(人慣れ・環境慣れ)ているのか。

「勉強=知識」と考えたら、しょうもないことのように感じますが・・・。
一瞬のガンバリなら、少々の無理はきくでしょう。でも、ここから何ヶ月も続けていくにあたって、突貫工事でスタートしたものが、もしダメだったら?
夏休みに入ってしまえば、そこからはノンストップ。安易に、切り替えよう…とはできないタイミングに入るのです。

受験生は、特に環境が整っていない人にとっては、期末テストまでの期間が、そういう「アップ」に
充てられるような過ごし方ができればと思います。

もちろん、たとえば先生・生徒が、お互い、人となりがよくわかっている間柄になっていれば、すでに
そのラインはクリアできているので、夏休みの受験勉強はスムーズにスタートできると思いますよ。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください