未分類

今日のホットな話題

小学生の国語講座でのこと。
各々自分で気に入った本を持って来る。
今日は、
「この本は、お母さんが小学6年生の時に買って読んだものらしいです。
 見た目はちょっと古いけど、興味がわきました。
 家の本棚にあったので、読んでみようと思いました。」
という、
その本を読むきっかけとなったことを聞くことができた。
「とてもいいことだね。
 見た目は少し古くなっても、
 本の内容はいつの時代でも古くはならないよ。」
そう伝えた。

本を読む環境が整っていて、
とても良いと思ったので、
それを他の子供達とも共有した。

「自分の子供も読んでみるようにしたらいいな。」
これは、子供達の意見。

親子で共通の本を読むこと
その本の話が家庭でできること
親の考えが聞ける環境

子供にとっては、
興味の源となり、
嬉しそうに本を手にし、
読もうという意欲が生まれる。

親子で受け継いでいく貴重な本。
今日は、ホットな気持ちをもらった。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください