未分類

凡ミスは当たり前?

投稿日:

期末テストを前に、
「凡ミス」について対策を考え中。

「凡ミスは、テスト後に先生がいちばん聞きたくない言葉」
として、生徒が認識している。
消しゴムもおすすめ品でないことも。

今日は、ある生徒に、
「自分は凡ミスをするのを当たり前と思ってないかな。
自分は凡ミスをする人という逆の安心感を持ってないかな。
解き方がわかっているのにミスをするって、一番悲しくないか。
不注意ですませていいかな。」
と、伝えた。
「先生も対策を考えているけど、みんなも自分のことを前向きに考えて、”当たり前”ではなくする努力を一緒にしよう。」
と言いたかった。
解き方がわかっていたら、正解するように慎重に進める。
「”自分は凡ミスをしない人”になろうや。」
とも話した。

テスト後によく生徒が言う言葉、
「テスト、できたと思うけど、もし計算ミスして点が悪かったら困るから、できたって言わない。」

これがいつも残念。
自信がつくまで指導を繰り返して、
本当に
「テストできた。」
と言って帰ってきてほしい。
生徒と私達指導者の思いがひとつになって頑張れるように、生徒達には伝えていきたい。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください