未分類

中学受験を通して学ぶこと

最近小学生で、「中学受験を目標に」という声も多い。

親の意思でそう思う子供もいれば、
自身の意思でそう思う子供もいる。

「受験は自分で決めて」
と言いたいところだが、
中学受験は、小学生という、親の意思が影響する年齢。

周りの子が受けるから、自分も。
親が言うから受ける。
このようなきっかけが多い。

さて、中学受験について、
何人かの生徒が、”受験”という思いを持っている。

受験では、
苦しさではなく、
厳しさを学んでほしい。

自分に厳しくするのは、学習態度の改善や、学習姿勢の発展に良い影響となる。未来は明るい。
しかし、苦しさとなると、
「もう2度と受験はしたくない。」
という、未来が暗くなってしまう。

現在、受験を目指して、自己研鑽している生徒がいる。
「厳しさ」と向き合うのは、成長する印象がある。

何をしたかではなく、どう取り組んだかが大切。
何事にも言えるこの言葉を送りつつ、
日々の成長に期待しエールを送る。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください