南輝教室長のブログ

受験生、トップギアに入りました

投稿日:

私立高校のⅠ期入試、1日目が終わりました。
雰囲気としては、加速もしてとうとうトップギアに
入ったところでしょうか。
今年の中3生は、エンジンが暖まるまでにえらく時間が
かかった…(あれ、毎年言ってるかしら??)

そんな彼らから、
「終わったぁ!」
「難しかった~」
「緊張した…」
「だめだ、失敗した…」
様々な声を今日一日で聞きました。

これまでのテストでも何度となく聞いてきた言葉ですが
さすがに、今回は自分の近未来がかかっているだけあって
普段とは少々違うテンションでの感想をきくことに
なりました。

もちろん、全員に合格という結果をあげたいのですが、
入試を通して、「真摯に向き合う」ということを、彼らに
知ってもらえたら、と思います。

面接で、普段思ってもいないようなことを言おうとして
「言葉が出なくて頭が真っ白になった」と言っていた子、
勉強が足りず、後悔した子、
失敗したと思い込んで、次への切り替えが上手くできない子、
自信満々で帰ってきたものの、思わぬ結果になった子、
これまで何年も見てきて、様々な子がいます。

特に、中学受験を経験したことがなければ、今回が
人生初の受験となったはずです。失敗しないわけがない。
失敗するからこそ、価値がある。
目の前で失敗して悲しむ姿は、できれば見たくはないけれど。
でも、どこかで誰かの目の前で、いずれは失敗はするもの。

それがもし私の目の前だったら、その時は全力をあげて
「価値のある失敗」として昇華させてあげたいと思います。

大抵の子が今後県立高校の特別入試・一般入試と続くため、
今回の結果がどうこうという話ではありませんが、
成功しても失敗しても、今回の経験が何かしらの糧になれば…
そう願っています。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください