未分類

図形の問題へのアドバイス

投稿日:

「図形の問題の証明が大変です。」

こういう声を中学生からよく聞きます。

取り組んでいる問題の跡をみると、
添えてある図がきれいなままになっていることがほとんどです。
図形の問題を解くのに、
図形に書き込みがないので、
「先ずは、わかる条件を図形に書き込もう。」
というアドバイスから始めました。
その事で1歩前進し、
「次に、今まで習ってきた条件(合同条件や平行四辺形の定
 理など)を思いだそう。
 どの条件を使うか、想定してみよう。」
その事で、更に1歩前進し、
「図形の特徴からわかることを見つけよう。」
というように、

『図に書き込めば書き込むほど見えてくる』

というアドバイスをしていきました。

生徒から、
「少しずつ証明の進め方が見えてきた。」
と聞くことができました。

問題用紙をきれいにしておく必要はないので、
どんどん書き込んで、
考えた足跡を残していこう、
というアドバイスをしました。

これは国語や英語の長文にも言えることなので、
時をみて、また伝えようと思いました。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください