塾長のブログ

子供との会話に悩む母

調査会社ソフトブレーン・フィールド(東京・港)が4月、30~40代を中心とした母親797人に「子供との会話について、母親はどんなことに悩んでいるのだろうか」を聞いたところ、58.0%が「悩みがある」と回答。内容は「時間が取れない」が40.7%で「返事がそっけない」(31.8%)、「学校、友人のことを話してくれない」(18.0%)が続いた。子供と話すときに気をつけていることとしては51.3%が「話を最後まで聞く」と答えた。「相づちを打つ」(44.8%)や「一緒に考える」(43.7%)も多い。

以上のような記事を読みました。

私の自論として、子供とのコミュニケーションで、「話を共有する」ことを重要視すべきだということがあります。お子様の友達の名前を何人言えますか?お子様の興味・関心事をいくつ言えますか?どのぐらい詳しく言えますか?

上司が、部下から自発的な報告がないことを嘆くのと良く似ていて、共有していないと、コミュニケーションは成り立ちにくいと思います。

話し方の技術・方法などを気にするのではないと思います。

お子様の現在をどのくらい知っていますか?十分知っているのに、会話が成り立たない状況ですか?

ちょっとチェックしてみてはいかがでしょうか?

(文責:虫明)

子供との会話に悩む母” への2件のフィードバック

  1. はじめまして。突然のコメント失礼します。
    虫明先生って、昔岡山にあった学習塾の誠光舎ってところにいらっしゃったことありますか?
    昔お世話になったのですが、下の名前を覚えていないもので、
    もしそうだったらお礼を言いたいなーと思っておりました。
    もう30年ほど前になりますので、違ったらすみません (>_<)

    1. こんにちは、学習工房の虫明と申します。
      この度は、コメントをお寄せ頂き有難うございます。
      ご指摘の通り、私は30年前誠光舎に勤めておりました。
      昔の私の教え子さんですか?
      どなたか、KTさんではわからないので、教えて頂けると嬉しいです。

      現在は、独立して学習塾を運営しています。
      授業には入っておりませんが…。

      もしよろしければ、再度ご連絡頂けますか?

      よろしくお願いします。

      虫明 俊二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください