未分類

子供なりの進歩

20151027_165946

休憩時間の一場面。
先日、ノートの書き方について、
少しアドバイスをしていた子供が、
「学校の図書館で、
 『ノートの上手な書き方』の本を借りてきたので、
 読んでます。
 今までしたことがなかった工夫をしてみようと思います。」
と言いながら、読んでいた。

頼もしい言葉だったので、
「ぜひ、自分に合った分かりやすい工夫をしてみよう。」
と声をかけた。
今度の『ぐんぐんノート』が楽しみである。

(文責:佐々木)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください