未分類

子供のノートの進化

以前、ノートについてアドバイスした子供が、
学校の図書館で『ノートの上手な書き方』の本を借りてきて、
休憩時間に読んでいる姿を紹介した。
その子供のノートに変化があったので紹介したい。

今日、学校の算数のノートをみていた時、
どう見ても、学校の黒板に書かれたものを写している量とは思えないくらいたくさんのページに書いてあった。
「黒板を写すよりもたくさん書いてあるね。」
とたずねると、
「黒板を写すだけでなくて、役に立つことや書いた方が良いと思うことも付け加えて書いた。」
という返事。

以前のアドバイスに多かったのは、
丁寧に書こう、
きれいにわかりやすく書こう、
というものだった。

ところが、今日のノートは、
誠にきれいな字で丁寧に書いてあり、
さらに、自分なりに書き加えていたので、
かなりの進化がみられた。

子供なりに考え、努力できたことがわかり、
嬉しい変化だった。
さらに先を見てアドバイスしていこう。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください