未分類

子供達との会話

投稿日:

日本史を学習している子供達と、
「日本はいつから『日本』という名前になったのか。」
という会話になりました。

素朴で素敵な疑問でした。

「なぜ」「なに」
から学習が始まると思うので、
その会話は頼もしい方向へと発展しました。

「まさに『勉強している』という空気だね。」
と、伝えました。

「中国や朝鮮は、いろいろ国の名前が変化している。」
というところがこの疑問の出発点でした。

そこから、
「調べてみよう」
という行動ができ、
「わかったらノートにまとめる」
という、
一連の自分の流れになっていました。

誰から言われたものでもなく、
自分からわき出た疑問を解決していく様子をみて、
「これからも良い勉強をしていってほしい。」
と、心の中でエールを送りました。

いつか、しっかりほめようと思っています。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください