未分類

学校準拠のすすめ

投稿日:

こんばんは。

中学・高校入試も入試も終わり、

次は新しいステージでやっていくための準備期間です。

子供たちは、

進級・進学に関して、

不安と期待の両方を胸に秘めていることと思います。
そんなお子様の新年度への準備について、

予習?復習?など、

なにをさせるべきか悩んでいる方も多いかと思います。

私の考えとしては、

新高1生(普通科)は予習、

小・中学生は復習をしていくべきだと思います。
新高1生の理由は、高校内容が中学とはまったく違うことを感じてから

高校生になるのと、そうでないのとでは、大きく差があるからです。

また、新しいリズムや環境に慣れるまでの貯金という意味でも予習は有効ですね。

小・中学生の理由ですが、

『積み上げていく教科では、前学年の弱点が命取りだから』です。

学校において既習内容は、

『知っているもの』として授業が進みます。

そこであわてて復習をしても、

すでに1時間分損をしてしまいますよね・・・。
もちろんお子様の性格・学力次第ではあるので

一概には言えませんが、

私はこのように考えて子供たちとかかわっています。

(文責:石川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください