実際にどう教えてるの?

教えてもらうと成績が上がるというのが通念ですが、必ずしもそうではありません。
確かに、教えてもらうと、その時はわかり満足度は高まります。
しかし、往々にしてわかった気になるだけで、その後の定着させるための学習が欠落
すると、成績は上がりません。
テスト直前で詰め込んでも、テストが終わると、苦労して得た知識は自然に
忘れ去られていきます。
定期的に反復する習慣を身につけないと、忘れてしまいます。
当塾では、丸覚えよりも、使ううちに自然に習得する方法を実践します。
『キャンバス』を使いながらインプットし、問題を解き、既習事項に関連する事柄が
出てくるたびに、キャンバスに戻り追記、まとめ直しを繰り返します。
大まかな流れを示すと以下のようになります。
解説 → キャンバスへ書込み → 問題演習 → キャンバスへ書込み・グループ化 →
新事項で関連性のある場合 → 前のキャンバスへ追記・グループ化(整理) →
新事項・・・(以下、同じ繰返し)
初めは、羅列するような書き方でも、何度も戻るうちに、羅列していたものを
グループ分けし整理するように指導していきます。
生来持っている脳内のメカニズムを使い、多いと感じていた事柄群が、徐々に減って
いく感覚を養っていきます(これが、ホンモノの成績アップの原動力となります)。
成績が上がらないからといって、本屋の学参コーナーへ行き、新しい問題集を買って
きて・・・という話をよく聞きますが、短期的・場当たり的な取り組みとなり、成果が
出ないケースがほとんどです。
しかし、そもそも「勉強は楽しくない・言われてやるもの」という認識の子が、いかに
多いことか・・・。
「勉強をいかに楽しいものにルール化するか」ここに、着眼点を置いて関わります。
結果を早く出したい気持ちはわかりますが、そこは指図ではなく“仕向ける努力”が
大切です。
いろんな仕向け方がありますが、「~しなさい」と命令している間は、学習への
主体性は育たず、限界・期限のある取り組みになってしまいます。
以上のような考え方の下、日々指導に邁進しています。