未分類

御南教室長のブログ

「予習することの喜び」について

グループ指導では、予習の進度で進め、
学校で習ったら詳しく復習し、
理解したら問題演習をするようにしてきた。

中間テスト目前になり、
テスト範囲も見えてきた生徒達が、
グループ指導で予習したあと、
学校で習う前に理解をしようと頑張っている姿をみて思った。
「テスト前に復習の時間を取ろうと思うと、もうテスト範囲の終わりまで理解していないと、ギリギリで復習を強いられる」ということを想定し、
早目に理解したいという意志が出てきたようだ。

そこで、
塾ではもう予習をしているので、
「できるようなりたい」
と思い、ワークと教科書を開いて努力していた。

生徒の学習のレベルに関わらず、やる気はどの子も同じ。
テスト週間にまだ入っていない生徒達が大半の中、
もうお弁当持参で頑張る生徒がけっこういる。

予習をしてきて、やる気も引き出し、
前のめりの学習姿勢を目にして、
「予習することの喜び」
が生徒達の今の学習方法への返事だと感じる。
テストに向けての応援はさらに続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください