未分類

御南教室長のブログ

中学生が中間テスト週間に入って2日目。
「提出物が全て仕上がりました。」
と、早くも復習開始する生徒がいる。
「提出物が多いので大変。」
と、必死で取り組む生徒もいる。
かたや、
解答に頼りっきりで、赤ペンが常に傍らにある生徒もいる。

提出物について、
「できるところは、自分で解くこと。
提出物の問題は、自分の理解力を試す為に解くもの。
提出物は、出せば終わり、という考え方は変えよう。」
と伝える。

毎回思うこと…
「提出物は、活用の仕方次第。
解く前の復習が大切。解いてからの復習も大切。
復習の重要性を伝えたい。」
テスト毎に、少しずつの成長を求めて、
各生徒に関わる。

″問題を解くことが勉強ではない″

常に生徒に話しかけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください