南輝教室長のブログ

思春期の悩み…

投稿日:

新しい生活にもそろそろ慣れてきた新中2・3年生、
これからやっと慣れていこうかな、という新1年生。
それぞれの悩みがあります。
(中学生の話です)

新1年生は、まだまだ右も左もわからない状態ですね。
先生の名前や友達がどのクラスになったかをやっと把握して、
学校の建物や通学路に新しい発見をしながらの毎日です。
慣れない環境に入るという緊張感が、まだ続くかな…と
言ったところでしょうか。
慣れれば何てことない話になってくるはずです。

一方、「今年こそは!」と意気込んでスタートを切った
新2・3年生の悩みは、去年までですでに中学生活を送っているからこその
複雑さをもちます。

たとえば…「新しく(教科)担任になった先生、苦手な先生なんだよね」
「去年こうだったから、今年はこういう出だしを送りたい!…できなかった…」
去年1年間である程度どういう生活になるかを知っているから、
つまずきを感じたとき、すでに知っている悪いイメージに繋がりやすいという
側面があります。
「怖いものを知ったから」っていう感じなのでしょうか。

さらに、この時期はいわゆる反抗期…思春期真っ只中なこともあり、
思いっきり態度に出して「わかって欲しい!」とアピールしてくる子が
増えます。…ただ、アピールしてても、大人が何かしてくるのを厭うことも
多いので、少々大変なことにも…。

ただ、こじれるのは長い人生の中のホンの一瞬。根気よく話を聞き、
冷静に見て(時々冷静さを欠いちゃうのはごめんなさいね^^;)
子供たちを落ち着くように導いていこうと思います。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください