南輝教室長のブログ

慣れってすごい!自分の経験から。

投稿日:

高校生の中には、単語帳を使って、単語暗記のチェックを一緒にしている生徒がいます。
私が英語で出題して、生徒がその意味を答える…長文の内容理解の土台を作っているのですが…そのやり取りを中学生の前でしていると、時々じーっと見られることが。
「なんで先生そんなに英語が読めるん?」「覚えとるん?」
いや、英単語の意味は覚えてないけれど、なんとなく字面を見たら、読み方の想像がつくんだよ、というと、「そんなん信じられん!」と。

私も中学生・高校生の頃は信じられなかったでしょうね。だって、英語を発音するっていう授業を受けてこなかったから。
英語は、ノートに書くもの。でした。

それが、洋楽に興味をもって、なんとなくでも歌詞カードを見ながら真似して歌うようになって…
いつの間にか、「なんとなく」読めるようになってました。

もしかしたら、できるようになった瞬間って、自分ではわからないものかもしれません。
後から振り返って「あれ、できてた」って思うかもしれません。
それが慣れってものでしょうね。

そして、慣れてしまえば、大抵の場合忘れることはありません。
勉強が苦手な子でも、このように「慣れて」「いつの間にかできてた」という経験を重ねていけたら良いのかもしれませんね。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください