未分類

教科書をもっと活用しよう

生徒達から質問を受けた内容について、
「教科書で調べてごらんよ。」
と言うことがよくあります。

どこに何が書いてあるのか、
見当がつかないケースがあります。
教科書がとてもきれいなままです。
中学生くらいまでは、
教科書ほど立派な参考書は無いように思います。

「教科書を隅から隅まで読んだことあるかい。」
と、試しに聞いてみました。
「えっ、そんなことしたことないです。」
「じゃあ、教科書はいつ何のために使うのかな。」
「うーん、学校の授業で使うかな。」
こんな会話になりました。
みんながこのような状況ではないと思いますが、
ぜひ教科書はしっかり活用してほしいものです。
特に、理科や社会はたくさん説明や資料が載っているので、
習ったページ以外も開いてみると、
いろいろおもしろいことが見つかります。

なぜこのように思ったかというと、
冬休みの課題に取り組む姿が、
「早く仕上げたい。」
という気持ちに見えたからです。
「復習する良いチャンス。」
という空気にしたいと感じました。

まず、教科書を読んで、内容の復習をしてから、
確認のために、課題の問題を解いてみるという順序も大切。
つまり、
「問題を解くことだけが勉強という気持ちになってほしくなかた。」
という思いからの問いかけでした。
せっかくの冬休みを有効に過ごせるように、
できるだけ伝えていこうと思っています。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください