南輝教室長のブログ

昨夜のニュースから

投稿日:

昨夜、授業が終わった10時過ぎ、ニュースを見て驚きました。
また目を疑うような事態が…。
熊本地震で亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、
被害を受けた方の一日も早い復興を願います。

他の先生とも話をしましたが、岡山ではほとんどこういう自然災害に
見舞われることはありません。幸せな地域に住んでいるなと思いますが、
これが逆に、他の人の状況・気持ちに寄り添うような頭を作りにくい
という弊害もあります。
じゃあ…といって、本当に経験するわけにはいきませんが…。

こういうとき、変に茶化すのではなく、無関心になるのではなく、
ぜひ大人のほうから子供たちに「考えるきっかけ」を与えたいと思います。

「どうして起こるんだろうね」
「家が壊れちゃった人はどういう生活するんだろう」
「どういう気持ちで毎日過ごしてるだろうか」

考える機会をたびたび持つことで、その先に待っているのは
「文脈を読む力」=読解力です。

情報過多と言ってもいい時代、逆にテレビ・ラジオ・新聞の出番がへっている時代。
自分で情報の取捨選択ができる時代ですが、逆を言えば、どれだけ大切なニュースでも
自分に興味がなければ選択しないということも十分あるのです。

(お恥ずかしい話、私はスポーツがからっきしのため、スポーツ系のニュースは他の人から言われて
「あ、そうなんだ…で、誰?」っていうような状態になります…)

だから、子供たちが好き嫌いで情報を選ぶようなことをせず、事の重要性で選べるようになるまでは
大人が一緒にそのきっかけを作る、その情報から一緒に考える…

そういうことができるような環境を作れるよう、頑張っていきますね。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください