未分類

検定の勉強を通して

中学生が学校の春休みの提出物に追われる中、
塾に早くから来て、
数学検定を受けようと、
先取り学習に励む子供達がいます。

とても張り切って、
前向きに楽しそうに勉強し、
お互いに解説しあったり、
頑張って粘り強く計算している姿をみて、
「まさに、勉強する姿だな。」
と思い、
子供達に、いい雰囲気であることを伝えました。

「数学検定の勉強は、楽しい。
 毎日こんな勉強がしたい。」
と言っていたので、
「勉強している」
という実感があるのだろうと思いました。

「提出物だけが勉強でもなく、
 学校で教えてもらったことだけが勉強でもなく、
 自分からやりたいと思い頑張ることが素晴らしい勉強。」
と、励ましています。

先取り学習は、
決して簡単ではなく(高校1年生の内容まで先取るので)、
練習もしっかり必要なものですが、
「楽しい」
という言葉がピッタリするのは、
子供達の充実感なのだと思います。

検定の勉強を通して、
自分からやりたいと思うことを頑張ることの素晴らしさを、
少しでもたくさん伝えたいと思っています。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください