南輝教室長のブログ

知的好奇心の塊

小学生の“KIDS′ LANGUAGE”の時間、いつもぐんぐんノートを紹介しています。

中には、中学生が書いた、少し難しい内容のものもありますが、どうやらその方が子供たちの食い付きがいいのです。

今回は『時差』について。

日本は夕方だけど、今アメリカも同じように夕方かな?
じゃあ、どっちの国の方が未来なんでしょう?
どこの国が一番早く明日になるのかなあ?

普段は集中力が持たずに視線がフラフラしてしまう子も、まわりの勢いに負けまいと、ぐんぐんノートを取り出して質問の嵐。

これまでに盛り上がったといえば、ノーベル賞を取った日本人の話から、日本人の職人気質(こだわる力)について、難しい漢字の書き順について、今の常識と昔の常識の違いについてなど、色々です。

普通に生活していたら身近に触れられないものや、今ではあり得ないことなどに、とても興味を持つようです。

私も興味や知識の偏りが激しい方なので、今更ながら勉強することがあるし、「そこにフォーカスするか!」と驚くことも。

皆に伝えたい話のうち、「こだわりは勉強できる人の共通点」というものがあります。
好奇心はこだわりの出発点。
大切にしてほしいことですね。

(文責:植田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください