未分類

総合的に理解する

投稿日:

今日は、いろいろな場面で、
教科の枠を越えてつながっている学習を、
生徒と一緒に共有した。

英語の学習の中で、
地理も歴史も理科も関係する場面があった。

オーストラリアの話題が出てきて、
日本とは気候が反対であること、
先住民がアボリジニ人であること、
ブーメランがお土産になるのは、猟に使っていたから、
など。
アメリカの話題が出てきて、
黒人と白人の関係があったこと、
アメリカの歴史はまだ浅いこと、
など。
フランスの話題が出てきて、
昼が長くて、夜の8時でも太陽が見える季節があること、
エッフェル塔や凱旋門の歴史について、
など。
子供達の興味は、英語を越えて、
知っていること、初めて知って驚いたこと、
いろいろな発見があったようだ。

教科の枠を越えて、
勉強はつながっていて、ひとつであることがみえて、
楽しく学べたと思う。

好きな教科、苦手な教科、という見方ではなく、
勉強はひとつであって、
面白いと思って学習してほしい。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください