未分類

練習の成果

投稿日:

塾の授業の途中に音読の時間があります。
英語や国語の教科書を、声を出して読んでいます。

昨年の夏休みの始めに、中学2年生達に、
「学校の授業が進まないから、
 音読の時間に不規則変化動詞の活用も、
 今のうちから音読して慣れておくのはどうかな。」
と話しました。
最初はそれが何かわからないままに、
とにかくやってみようと今日まで続けてきました。
(残念ながら、全員とまではいかなかったのですが。)
今では、何も見なくても言えるようになりました。
音読の時間に毎回1回ずつ繰り返していたので、
同じ時間に来ている小学生達も、
音だけは少し覚えているようです。

さて、今日の英語の時間に、
いよいよその過去分詞が何かを知る時がきました。
『受け身』という表現の決まりを知った時、
「なるほど、そうやって使うものか。」
と、納得したようです。
嬉しそうに、不規則変化動詞の活用を使っていました。

まずは何かわからないまま、とにかく知って、
後から、
「なるほど、そういうことか。」
と、理論を知ることが、他の教科でもあることです。

昨年の夏からの取り組みが、やっと花開きました。
いろいろ働きかけてみようと思っています。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください