未分類

身近なことで勉強

先日から、
夜に空を見ると「火星」を見ることができます。
地球に最接近していて、
肉眼でも見える位置にあるという、
私としてはとても興味深い現象です。

地球のすぐ隣の惑星が
あんなに遠くに小さく見える現実こそが
理科の「天体」という単元の
正に実際に観測できる勉強だと思います。

この貴重な時期に
しっかり「火星」を目に焼きつけて
机上で教科書等で勉強する時に
この経験を生かしてほしいと思います。

ということで、
身近なところに勉強になることがたくさんあるので、
いろいろな方向にアンテナをはって、
興味を持って勉強できるように伝えていきたいです。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください