未分類

間違えてもいいから、やってみる。

投稿日:

小学生の英語講座で感じたことがあります。

今までも、英語学習について、
「習うより慣れること」
という思いで指導していました。

小学生の授業で、ローマ字から始めて、
約100枚のプリントをやり遂げ、
さらに、
「間違えてもいいから、とにかく発音してみる。」
と、声に出して発音するように指導してきました。

ある保護者の方から、
「プリントをやり遂げた達成感が、
 少しずつ自信になって、
 家でも英語の話をよくするようになり、
 英語が楽しかったと言って帰って来る。」
と聞きました。

授業でも、
「間違えてもいいから、とにかくやってみること。」
と、いつも言っています。
英語は語学なので、頭で考えるよりも、
言葉を声にして出すことが定着の糸口だと思います。

「間違えてもいいから。」
の一言が、
きっと励みになっているのだなと感じる場面があり、
一生懸命に文字を見て読もうとする姿勢がみられました。

まずは伸び伸びと繰り返し発音して、
慣れていくのが自信になり、
成果になっていくのだと思いました。

(文責:佐々木)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください