キッズ・ランゲッジ 南輝

1/23南輝校『キッズ・ランゲッジ』

今日の昼間、高3生の子の岡大入試2次試験対策の
プレゼンテーションに付き合いました。
「小学校の英語教育」についての内容でしたが、
まさに私が今『キッズ・ランゲッジ』で実践して
いることに重なる部分があり、アドバイスをしま
した。

英語に慣れ親しませる指導、また競わせることで
子供たちのモティベーションを高めることなど、
具体的なアドバイスをしました。

その後者に関連する場面が、今日の
『キッズ・ランゲッジ』授業内にも。
「〇〇ちゃん(小5)は、今中1の子がやっている
 内容と同じ所をやってて、中1の子で、
 つまずく子がすごく多い内容だ」
「え!?すげぇ。先生、僕のとこは?」
「私のとこは?」・・・

友だちの良い所を見て聞いて刺激を受ける。
そして、少しでも追いつこうと家でやってくる。
こんなやりとりが、結果として子供たちが
相互啓発しながら高め合うエネルギー源になる。
とても良いことだと思います。

現在、小学校の英語教育が、子供たちを飽きさせ
ないために採り入れているゲーム・歌など、
“お遊び”になっているケースも多く、機能して
いないという話をよく聞きます。
小学英語と中学英語が上手くリンクしておらず、
課題が山積する中でのプレゼンでしょうが、
私も、つい自分の取り組んでいることに重なり、
力が入った昼間のひとときだったので、
紹介しました。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください