お楽しみイベント

2017『冬のお楽しみイベント』の様子

2017年12月17日(日)、午後5時より、南輝校にて『冬のお楽しみイベント』を行いました。
たくさんの子供たちが参加してくれ、また師走も半ば過ぎお忙しい中、保護者の方々にもご参加いただき、有難うございました。

クリスマスの雰囲気あふれる飾りつけの教室で、南輝校の6年生、Yりょうたくんの開会の言葉で、会がスタートしました。
緊張した面持ちでしたが、堂々とした言葉で頼もしかったですよ。

スタッフ紹介、注意事項に続けて、塾長によるご挨拶と、『ぐんぐんノート』の2学期分の成績発表を行いました。
「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか?人間の脳は覚えたことを忘れるもの。復習をすることで定着させていくことができます。ぐんぐんノートをそういう使い方に生かせるといいですね。

今回の成績発表では、歴代最高記録をたたき出した子が出ました。御南校6年のSりんじくん。
2000ポイントオーバーという、今まで誰も達成しなかった壁を破ることができました。おめでとう!
大きなメダルを授与され、嬉しそうな顔でした。

ぐんぐんノートの作品紹介も行い、2学期の間で作品数の多かった「似ている〇〇と△△の違い」に関してのクイズなども行いました。
来年の「いぬ年」どんな漢字を使うかわかりますか?
また、宿題として、「初詣で神社に行った時に見る“こまいぬ”、漢字で書けるでしょうか?」という問題を出しています。是非チャレンジしてみてくださいね。

それから、成績に応じてノート授与を行い、皆で集合写真をパチリ(下の写真をクリックしてみてくださいね)。

休憩を挟んだあとは、1年前にも登場いただいた手品師さんがもう一度きてくださいました。
「えぇ、どうして?」「すっご…!」と皆食い入るように見ていました。
タネを「わかった!」と言った子もいましたが…本当に!?先生はわかりませんでしたよ…(^^;)

そして、ビンゴやゲームを楽しむ時間を。石川先生と対決する『たたいてかぶってじゃんけんホイ』が、普段の恨みを晴らさん(!?)とばかりに白熱した様子だったり、
亀川先生の『ボールでビンゴ』では急遽「こども審判員」追加?と言う場面があったり、
杉原先生の『似顔絵コンテスト』は可愛らしい作品が集まったりと、楽しそうな様子でした。
子供たちに景品を渡す係として、中1のAりなさん、お母さんのお手伝いも頂きました。快く引き受けて下さり、有難うございます。
また「おれらも手伝うよ」と声をかけてくれたMかずまくん、Hかんたくん。ありがとうね!

最後は、御南校6年で「ぐんぐん四天王」のうちふたり、SりんじくんとMかずしくんの閉会の言葉で締めくくりました。
彼らの「楽しい会にできたことにお礼を言って終わりましょう」「ありがとうございました!」
…とても感動する場面でした。
みなさんこそ、楽しい会を一緒に盛り上げてくれて、有難う!

もう少しで2学期も終わり、冬休みにはクリスマス(プレゼント!)・お正月(お年玉!)と楽しいことがたくさん待っています。
ウキウキしながら過ごすことと思いますが、浮かれすぎないように注意しましょうね。
そしてぜひ、このイベントで出てきた課題や他の子の作品を参考に、ぐんぐんノートにもたくさんチャレンジしてくださいね。

さて、このたびのイベントの写真アルバムを作成しました。下の写真をクリックすると、大きく表示されます。
ぜひ、ご覧下さいね。
ご希望の方には、無料にて印刷、ラミネートして差し上げますので、所属教室の教室長までお申し出願います。

(文責:植田)