ぐんぐんノート / 成績発表

2018/10/06 岡山の塾 ぐんぐんノート / 成績発表

2018年10月6日 更新

ぐんぐんノート 成績発表です

親子で、ぐんぐんノートに取り組まれているご家庭があります。大変好ましいことと思います。
「これ、やっときなさいよ」「あれ、済んだの?」「早くやりなさい」
のような指図・命令的な関わりでは、子供が言うことを聞く間はいいですが、思春期に入り素直に従わない時期になってくると、ひどい場合には、親を敵対視し反発的になり、勉強から遠ざかるようになったりします。
「おかんが、うるせぇんじゃもん。やろ思っとったのに、ヤル気、のうなったわ」
などという声が聞こえ始めます。
常々伝えることですが、小2終了時までに、自分から机に向かう習慣を付けることは非常に重要で、その関わりにぐんぐんノートを活用して頂ければ本望です。
なぜ小2かというのは、話せば長くなるので今は話しませんが、小2という一般論にこだわらず、今からでも遅くないと、関わりを見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

自主的に勉強しようにも、なかなかヤル気の起きない人は、例えば漢字ひとつ覚えるのでも、イヤイヤ何度も同じ字を書くのではなく、意味の似た漢字を探してみるとか、同じ部首の漢字をひとつ書き足すなど、くふう次第で面白さが変わってきます。 「でも、そんな方法を思いつかない」っていう人は、他の人がどんなことをやってるか、見てみませんか?
作品紹介のページの中から ヒントをさがしてみよう!

今年度から、手作り動画を使って授業を進めています。小学生は『語彙トレーニング』と称して、語彙を学習していますが、とても人気があります。中学生は、英語・数学で動画を使っています。
いずれの動画も、繰り返し視聴することで知識・事項を身につけさせていく指導コンセプトで創っています。中学生の1学期の期末テストでは、自己最高得点を叩き出した子が続出しました!
手作り動画に加えて、動画を見て演習(ここでも人手をかけます)。そして、また繰り返し動画を何度も見る。この流れで、授業を続けて参ります。