ぐんぐんノート / 成績発表

2018/11/24 岡山の塾 ぐんぐんノート / 成績発表

2018年11月24日 更新

ぐんぐんノート 成績発表です

ぐんぐんノートの取り組みで、「脂の乗っている子」と「冷めている子」がいます。
ブーム化してしまっている子がいる感が、否めないのが現状です。残念です。
勉強は、ブームでやるものではなく、また気が向いたらやるものでもありません。生涯勉強ととらえる人も多く、生きていく上で、食べることと同じぐらい必須なことだと思います。
「やらなければ…」と思いながらやっている間は、まだまだ偽物で、軌道には乗り切りません。「習慣化するには、最低3カ月」といいますが、何をやるにしても「3」の付く期間がターニングポイントになるといわれます。ダイエットも、お父さんの禁煙も、受験勉強・・・も。
何でも目新しいうちは出来ても、飽く(魔が差す)タイミングが来てやめてしまう。なので、そのタイミングでの意思の弱さをカバーし、奮い立たせる工夫・行いが重要です。ことさら子供の場合、自力でというのは難しいように思います。そこで、周りの大人が協力してあげることは、大切なことだと思います。
ぐんぐんノートで、0ポイントの子。普段の生活の中に、ノートに取り組む意識・時間を取るきっかけ作りをさがして、軌道に乗せましょう!毎週の塾での成績発表・作品紹介の際、いくらでもヒントはあるはずです。おうちの方も、お子様が成績低迷状態なら、何かきっかけになる事・ヒントを探してみて下さい。どんな相談でもお待ちしています。まず、初めのスイッチを入れましょう!

自主的に勉強しようにも、なかなかヤル気の起きない人は、例えば漢字ひとつ覚えるのでも、イヤイヤ何度も同じ字を書くのではなく、意味の似た漢字を探してみるとか、同じ部首の漢字をひとつ書き足すなど、くふう次第で面白さが変わってきます。 「でも、そんな方法を思いつかない」っていう人は、他の人がどんなことをやってるか、見てみませんか?
作品紹介のページの中から ヒントをさがしてみよう!

今年度から、手作り動画を使って授業を進めています。小学生は『語彙トレーニング』と称して、語彙を学習していますが、とても人気があります。中学生は、英語・数学で動画を使っています。
いずれの動画も、繰り返し視聴することで知識・事項を身につけさせていく指導コンセプトで創っています。中学生の1学期の期末テストでは、自己最高得点を叩き出した子が続出しました!
手作り動画に加えて、動画を見て演習(ここでも人手をかけます)。そして、また繰り返し動画を何度も見る。この流れで、授業を続けて参ります。