ぐんぐんノート / 成績発表

2018/12/1 岡山の塾 ぐんぐんノート / 成績発表

2018年12月1日 更新

ぐんぐんノート 成績発表です

(メールからの続きです)
子供が取り組んでいる学習内容に、効率性・即効性・合理性を求めず、遠回りでも調べ学習を続けさせていくことです。意味も分からず丸暗記などで通過するのは、目の前のテストの点を上げるだけが目的の、ほとんど意味のない行為となってしまいます。テストが終わると、せっかく苦労して覚えた知識も、忘却の彼方に葬り去られてしまうのですから。
普段の学習で出てくる内容の背景を知ろうとする行為を、手助けしてあげる関わりは、とても有効だと思います。
例えば、算数の『割合』を勉強しているとすれば、何のために割合の勉強をするのか?野球の打率を出す目的を教えてあげたり、明日雨の降る確率(降水確率)の出し方を調べさせたり…。また、『俳句』の勉強をしているとき、どうして「五・七・五」音という形式になったのか、あるいは、できた時代背景を一緒に調べたり…。
こうやって、物事の奥深さを知る経験は、学問への意欲を高め、意識を高いところで継続させる効果があり、とても有効で大切なことです。もうすぐ始まる教育改革は、答えのない問題を解く頭を創ること。一問一答式のような問題を解いて、得点アップを図った時代はもう終わりです。
ご家庭で『ぐんぐんノート』に、このような取り組みをさせて頂ければ、大きく紹介し、他の子たちの手本としたいと思います。当塾でも、講師一同、このような意識を持って取り組んで参ります。

 

自主的に勉強しようにも、なかなかヤル気の起きない人は、例えば漢字ひとつ覚えるのでも、イヤイヤ何度も同じ字を書くのではなく、意味の似た漢字を探してみるとか、同じ部首の漢字をひとつ書き足すなど、くふう次第で面白さが変わってきます。 「でも、そんな方法を思いつかない」っていう人は、他の人がどんなことをやってるか、見てみませんか?
作品紹介のページの中から ヒントをさがしてみよう!

今年度から、手作り動画を使って授業を進めています。小学生は『語彙トレーニング』と称して、語彙を学習していますが、とても人気があります。中学生は、英語・数学で動画を使っています。
いずれの動画も、繰り返し視聴することで知識・事項を身につけさせていく指導コンセプトで創っています。中学生の1学期の期末テストでは、自己最高得点を叩き出した子が続出しました!
手作り動画に加えて、動画を見て演習(ここでも人手をかけます)。そして、また繰り返し動画を何度も見る。この流れで、授業を続けて参ります。