キッズ・ランゲッジ 南輝

2018/12/21 岡山市の学習塾 南輝『キッズ・ランゲッジ』

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
新しい曜日になって、初めて全員揃っての授業となりました。皆元気に来れてよかったです。

国語の『漢字と語いのテスト』では、先週と同じ問題の出題を。練習してきて、前回のリベンジ成功となった子、全然練習してこずに、今回も「あれ?」となった子に、はっきり分かれました。
こういう積み重ねが、結果として「テスト勉強が大変になるかどうか」の違いになります。中学校に入る前に、なんとしても癖付かせたい部分です。
続いて作文の続きを。文の大まかな型を説明し、中身の「意見」「理由」「反論」「説得」といった部分を、自分で考えるスタイルに。先週、それぞれの立場での色々な意見と理由を先に出していたので、比較的順調に書けていた子が多かったです。
「僕は、○がいいと思います。理由は、□は悪い(感情的に)からです。」のような文を書く子がいたため、途中で「理由もなく相手の意見をけなすような文は、意見文としてふさわしくありません」という注意をつけました。理性的・建設的な文が増えることを願います。
来週、いよいよ清書となります。良い文ができたら、またぜひホームページ上で発表しますね。

英語は、前回『アルファベット』がとても良い出来だったため、今週はアルファベットのテストはお休み、変わりに『アルファベットフォニックス』のテストを行いました。大体どういうことがテストになるか、どんな流れかをつかめてきたようで、みんなも慣れたものです。
『英単語フォニックス』は、声を出して練習するところで、あまり集中できていないようだったので、今回から、「ひとりずつ言って、言えなかったら立つ、次も言えなかったら…」と、ペナルティありの時間を設けました。
「人の影に隠れて練習をサボる子は、ここで痛い目を見るかも知れないねぇ…」と、少々脅しをかけています。こちらも早く慣れて、どんどん単語に触れられるようにしていきたいところです。

(文責:植田)